自分らしい野菜を作りたい

青木 昭子さん

ー20代 2人家族 千葉県横芝光町からいすみ市岬町椎木へー

「自分らしい野菜をつくりたい!」そう考えて実家のあるいすみ市にUターン。

ご夫婦で「農園タロとあき」を営みながら、お米、野菜、エディブルフラワーをつくっています。

ー野菜作りにどんどんはまっていきましたー

農業大学校に進学して栽培の技術を身につけた後、農業生産法人に就職しました。そこでは梨栽培の農閑期に野菜づくりをしていて、次第に野菜づくりを任されるようになり、だんだんと野菜作りの楽しさにはまっていきました。その頃、食べられる花(通称:エディブルフラワー)との出会いも刺激になり、「無農薬で自分の個性が出せる野菜を作りたい」と強く思うようになりました。

いすみ市には両親が築いた土台があり農業を始めやすいと考え、地元に戻れば「農地も比較的容易に集められるかもしれない」と思っていましたが、実際にUターンしてみて、条件の良い土地を借りることなど、とても大変なことだと気づかされました。

ー”自分らしい”野菜をつくりたいー

いすみ市には既にたくさんの移住者や面白いコミュニティが存在していて、都会からもたくさんの人が訪れるようになっています。自分が外に出ていかなくても人が求めている野菜をしっかりと作っていれば、自分の畑まで来てくれるので、そういった人達に直販形式で野菜を売っていきたいとおもっています。今、レストランやカフェのシェフたちに旬の野菜を定期的に箱詰めして送っていて、それがとても喜んでいただけています。

夫婦二人で畑をやっていますが規模を広げるには限界があり、従来ある規格などにとらわれず、野菜の味や個性を重視した”自分らしい”野菜を売りにして、あえてそれを選んで買いたいと思ってくれる人のために、心を込めて野菜を作っていければと思っています。

関連記事

PAGE TOP