文字変更

  • 標準

背景色

田舎フリーランス養成講座(現:ワークキャリア)受講を経て独立 *移住ガイドブックより抜粋

コワーキングコミュニティhinode
スタッフ 仲地 里絵さん(写真:左)沖縄県⇒いすみ市
webライター 齋藤 脩平さん(写真:中央)神奈川県⇒いすみ市
エンジニア 藤ミヤチさん(写真:右)岐阜県⇒秋田県⇒東京都⇒いすみ市

 

 

hinodeにはWEBライターやエンジニア、イラストレーターなど様々な職種のフリーランスやリモートワーカーが集まっています

田舎フリーランス養成講座(現:ワークキャリア)受講を経て、独立しました。普段は大原にある「コワーキングスペースhinode」で働いています。

今までの経歴も様々

(藤)
携帯ショップの販売員、メディアの編集助手、ホテルのフロントスタッフ、求人サイトの開発などの仕事を転々としたあと、2018年に田舎フリーランス養成講座(現:ワークキャリア)へ参加したことをきっかけにWEBエンジニアとして独立しました。同じようにフリーランスとして働いている人たちが集うコミュニティがあることに魅力を感じ、移住に踏み切りました。
(齋藤)
独立当初いきなり安定した収入を得ることは難しいと考え、できる限り生活費が抑えられる場所に移住したかったんです。どこに住めば良いかネットで検索していたら、いすみ市が出てきました。
(仲地)
漠然と「沖縄県外で暮らしたい」と考えていたのですが、どこにどんな風に移住しいたら良いのか分からずにいました。そんな時に参加した田舎フリーランス養成講座(現:ワークキャリア)で約1ヶ月いすみ市に滞在する機会があったのですが、温かい雰囲気や、田舎だけど生活に必要なお店が充実している環境がわたしにとても合っていて。気づけば移住していました。

「ただいま」と言える場所

(藤)
落ち着いた雰囲気にとても癒されます。仕事柄、よく県外や海外に行くのですが、「ただいま」と言える場所はいすみだけです。フリーランスのコミュニティも「いい意味でドライ」なので、来るもの拒まず去るもの追わずといった距離感がとても楽ですね。居心地はとても良いなと感じています。
(齋藤)
自然が多く、空気が綺麗でとても暮らしやすいところですね。野菜や肉もかなり安く購入できるので、固定費を抑えられるのもありがたいです。電車に乗れば東京まで特急で約1時間で行けるのも嬉しいですね。
(仲地)
フリーランスが集まる環境にいることで常に仕事仲間にも恵まれていますし、自然も豊かで暮らしやすいですね。仕事の面でも、プライベートの面でも充実しています。東京にフラッと行ける距離漢感も気に入っています。住んでみて本当に良かったと思っています!

いすみ市は多様な人たちが共存しているのが魅力ですが、さらにそのネットワークを強める活動をしていきたいと思っています。
若い人、年配の人、地元の人、移住者など、いすみに住む様々な人が集える場所を作っていきたいですね。

ある1日のスケジュール

(藤)
9時 起床
9時30分 hinodeで仕事開始
12時 お昼ご飯(みんなで食べたり、1人で食べたり)
13時 仕事再開
18時 メンバーと一緒に夕食を食べる
20時 みんなでゲームしたり、趣味の時間など
23時 就寝

(齋藤)
6時 起床
6時30分 朝食
8時 ワーキングスペース清掃開始
8時30分 仕事開始
11時 休憩&軽食
12時 仕事再開
15時 仕事終了
16時 夕飯
19時 YouTube観たり、趣味の時間
22時 寝る

(仲地)
8時 起床
9時 勤務開始
18時 退勤
18時30分 WEBライティングの仕事、絵を描く、コーヒー豆焙煎など…
21時 ギターの弾き語りをネット配信
1時 就寝

関連記事

PAGE TOP